石垣出身で動物大好きな私がとても気に入っているやいま村という観光スポットを紹介します!

石垣島といえば「海」だし、実際、景色を見るか泳ぐかマリンスポーツしかないです。笑

動物園もテーマパークもない石垣で唯一リスザルと触れ合いまくることができるのが、

やいま村!!

テーマパークもないと言ったけど一応やいま村はテーマパークらしいです。

やいま村の中に色々な施設がありますが、地元がゆえに行ったことがないので今回は「リスザルの森」だけ紹介します。


どこの動物園よりも距離が近い!

やいま村の一番の魅力というか、観光客もこれ目当てできていて、びっくりするくらい人に慣れています。



まさにこんな感じです!餌を持ってるとすごい勢いで来ます。

持ってるふりでも来るけど騙されたと気づいた瞬間に去っていくので

餌は購入するべきです。

でも人もたくさんいるのでお腹いっぱいで食べなかったり、売り切れのこともあります。

動物なので仕方ないですね…

これに関しては餌あげのサービスがある動物園共通の話ですが。

でも食べてくれないからと諦めないでください。

当たり前ですがお腹の空き具合は個体によります。

若くて元気なこだとよく食べるので、比較的小さくて動き回っている子を探すといいですよ。

タイミングによってはお腹空いていて寄ってくる勢いがやばすぎることもあります。

それで餌を全部落としたり、あえて手放す人を見ます。もったいないので気をつけて下さいね。

入園料は?

入園料は実は、リスザルの森でいくらとかではなくて、
やいま村全体の入場料なんですよね…

大人1000円、小学生以下500円

リスザルの森へ行くだけだとお高めなんですよ…

なので、他の施設も観光スポットとしては魅力的なのでぜひ周ってみて下さい。

ちなみに、石垣島在住の人の身分証を見せると400円になります。差がすごい!笑

他の施設は?

せっかくなので簡単に他の施設もご紹介します。

・名蔵アンバル

ラムサール条約の登録域で、マングローブなどの亜熱帯の自然や生物が見れます。
亜熱帯の植生は異世界感があってすごく癒されますよ。ガイド付きでプラス料金です。

・シーサー、サーターアンダギーなどの手作り体験

こちらもプラス料金ですがいくつかあるので一つくらいやればいい体験です笑

・アイナーヨイ

八重山の伝統的な結婚式や衣装を着る体験できるそうです!

餌がなくてもカバンを狙ってくる!

分かりにくいですが、カバンの中をあさろうとしているところです!

「トートバックは口を閉じて」とか「リュックは前々側に背負って」とか言われて、
最初は「そんな大丈夫でしょ」とか思っていました。

それが、全然大丈夫じゃない!

リュックのチャックのない部分はすぐ狙われ、気づいたら手を突っ込んできてるんです。

トートバックなんて本当に気をつけてないと手を突っ込んできます。

そして何より、つかめるものは何でも取っていくんです。

一度目薬を取られ、本気になって取り返しました…
別に目薬が無くなるのはいいんです。

リスザルが食べてしまうのが危険だからです!

これは本当に気をつけてほしい!いつも一人スタッフの方はいるけど、
もっとちゃんと見回ってほしいと心から思います。

なぜこんな強調するかって、実際取られて食べる瞬間を見たからです。
目の前の人のカバンからスティックの砂糖を取ってすごいスピードで木に登ってみんなでとりあいしながら食べてました…

動物にとって砂糖は毒です。少量だから大丈夫でも、積み重なったら病気になったり死んでしまいます。たまにお菓子の袋を持っているサルも見かけます。

薬をとって行った話も聞いたことがあります。本当にこの問題は改善して欲しいです。

リスザルは本当に頭がいい!